第44回 山の都親子ふれあい写生大会

Slider

沢山のご応募、ありがとうございました!

第44回山の都親子ふれあい写生大会 記念誌

第44回山の都親子ふれあい写生大会の受賞作品が掲載された記念誌です。

画像をクリックするとダウンロードできます。

YAMANASHI KOTSU × JCI KOFU

ラッピングバス巡行中

山の都親子ふれあい写生大会の受賞22作品を山梨交通のバスにラッピングした、ラッピングバスが甲府市、甲斐市、中央市、昭和町を巡回しております。

8月末まで巡行期間が延長となりました。

夏休みの間も巡行しておりますので、見つけたら是非ご乗車ください。

 

最新情報

7/27 追記

ラッピングバスの巡行が8月末まで期間延長しました。

6/27  更新

表彰式、ならびにラッピングバスのお披露目を行いました。

記事を見る

6/29  更新

応募作品全158作品を展示しました。

(7/6追記)絵の展示期間が7月12日(日)まで延長となりました。

記事を見る

6/21  更新

ラッピングバスが完成しました。

記事を見る

6/3  更新

絵の選考会を開催しました。

記事を見る

 概 要

毎年恒例の「山の都親子ふれあい写生大会」。

1977年、「陽気の良くなった季節に、野外で家族一緒にキャンパスに向かい絵を描き、仲良く昼食をとりながら楽しくコミュニケーションをはぐくんでほしい」という思いからから始まった事業「親と子の集い」を起源とし、親とこどもがふれあえることを目指し、毎年5月にふれあい写生大会を開催しています。 

 

本年度は、新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、第44回写生大会は応募によるコンクール形式といたしました。楽しみにしていただいていた皆様には大変申し訳ございませんが、ご家族で描いた作品のご応募をお待 ちしております。 
テーマ 大切な人・大切な場所
【ひとりで応募 (単独作品部門)】
未就学児または小学生が1人で描いた絵を集する部門
【だれかと応募 (合作作品部門)】
1枚の画用紙に1名以上の未就学児または小学生を含む家族で描た絵を募集する部門 
 
  • 画用紙
    • 四つ切(約54cm×38cm)
    • 枚数に限りがありますが、絵の提出先((社)甲府青年会議所事務局・オギノリバーシティ・オギノイーストモール)でも画用紙を無料配布します
  • 画材
    • 由 
  • 出品数
    • 1人1まで 
  • 応募用紙
    • 下記の応募用紙を印刷して、切り取り線の部分を切り取り、必要事項を記入し作品の裏側に貼り付てご提出ください。 
○郵送の場合 (社) 甲府青年会議所事務局まで郵送。 
○持参の場合、下記提出先ずれ出。 ※いずれも5月25日(月)必着です。 
(枚数に限りがありますが、こちらの提出先でも画用紙を無料配布します。)
ルール 
【ア】ーマは「大切な人切な場所」
【イ】575のリズムで詠むこと
【ウ】季節をイメージして詠むこと 
  • 募集資格 小学生まで 
  •  1人で何句応募しても構いませ。 
  • 優秀な作品は写生コンクールの受賞作品と 一緒に表彰します。 
  • 下記の応募フォームを利用し応募してださい。 
募集締切
2020年5月25日 (月) 15時00分まで。 

委員長あいさつ

2020年に第44回を迎える「山の都親子ふれあい写生大会」は、(社)甲府青年会議所において1977年から始まった事業「親と子の集い」を起源としています。「陽気の良くなった季節に、野外で家族一緒にキャンパスに向かい絵を描き、仲良く昼食をとりながら楽しくコミュニケーションを育んでほしい」という思いからはじまり、1991年の第15回からは山の都の豊かな自然の中で親子が楽しみながら絵を描くことを通じて、家族のコミュニケーションを深めることを目的に、「ふれあい」という言葉が事業名称に加えられました。
44年という歳月を経て時代は大きく変化していても、青少年の健全な成長にあたり、子どもと家族が心を通わせることの重要性は変わることはありません。だからこそ、本年度もこれまでと変わらず家族とのふれあいをテーマに開催する必要があります。
さらに、この写生大会を、青少年が家族とふれあうためだけの機会にとどめるのではなく、青少年が普段忘れがちな、自分を支え包んでくれている家族や地域、環境そのものの尊さを再認識できる機会にも発展させていくことで、青少年の自己肯定感をより高め、かつ地域への愛着をも育む機会とすることもできます。
そこで、これまで続いてきた「家族とのふれあい」というテーマを踏襲しつつも今年の特色として「当たり前の日常に思いを馳せる」というテーマも追加し、本例会を開催いたします。

主催 一般社団法人甲府青年会議所 
 
賛 株式会社テレビ山梨 株式会社エフエム富士 株式会社山梨放送 株式会社山梨日日新聞社 NTT東日本 山梨支店 山梨交通株式会社 
 
後援 山梨県 甲府市 甲斐市 中央市 昭和町 山梨県教育委員会 甲府市教育委員会 甲斐市教育委員会 中央市教育委員会  昭和町教育委員会 甲府市議会 社会福祉法人甲府市社会福祉協議会 AIRY 歩帆舎 山梨県公立小中学校長会 NHK甲府放送局 テレビ朝日 甲府支局 毎日新聞 甲府支局 朝日新聞 甲府総局 読売新聞甲府支局 OGINO LAZA WALK 甲府信用金庫
 
お問い合わせ先:一般社団法人甲府年会議所
TEL 055-235-5423 FAX 055-226-9596
9月例会(入会式)を開催しました。
9月例会(入会式)を開催しました。

 9月17日、甲府商工会議所 多目的ホールにて9月例会(入会式)を開催しました。  本年度は、新型コロナウイルスが流行し、青年会議所活動だけでなく、普段の仕事や私生活にも大きな影響が出ています。このような状況にもかかわらず、地域のために活動を続ける青年会議所の理念に共感し、22名の新入会員が入会しました。  2月例会以来、実に七ヶ月振りの対面での例会となり、仲間たちと集えた喜びと、由緒ある式典を開催する緊張感を久々に感じる例会となりました。...

献血PRのお知らせ(8月2日)
献血PRのお知らせ(8月2日)

一般社団法人甲府青年会議所は、甲府献血ルームグレープで行われている献血を呼び掛ける街頭PRを行います。   日時 8月2日( 日曜日) 午前10時から午後4時まで 場所 山梨県庁前スクランブル交差点と岡島周辺にて      一般社団法人甲府青年会議所は、1966年に鰍沢町に住む重い心臓病を患っていた少女の心 臓手術のための不足していた血液を集めるために始めた献血の呼びかけを現在も行っています。      8月は献血者が少なく、血液が不足する時期であるため、多くの方の献血のご協力が必要です。...