(社)甲府青年会議所について

一般社団法人甲府青年会議所の歴史

 甲府青年会議所は1951年、17名の青年が集い、東京青年会議所のスポンサーの元で日本で13番目の青年会議所として誕生しました。甲府市・甲斐市・中央市・昭和町を活動エリアとして、現在も県内の若手経済人で構成されたメンバーが地域のために日々活動をしています。

公式キャラクター「しんちゃん」

公開献血

1966年、鰍沢町に住む重い心臓病を患っていた少女は、心臓手術の技術がある会津若松の病院での手術を必要としていました。しかし、手術には大量かつ新鮮な血液が必要であり、血液が用意できないため手術を受けられない状況でした。

会津という見知らぬ土地で血液を集めるのは当時は不可能に近いことでしたが、話を聞いた甲府青年会議所の会員が、会津青年会議所に協力を依頼し、会津の地にて献血を募りました。

そして手術がおこなわれ、少女は一命をとりとめることができました。

甲府青年会議所では献血の重要性と海津若松青年会議所への感謝の思いを込めて、翌年から献血事業をスタートし、1966年から現在まで続けている事業の一つとなっています。

山の都親子ふれあい写生大会

1977年、「陽気の良くなった季節に、野外で家族一緒にキャンパスに向かい絵を描き、仲良く昼食をとりながら楽しくコミュニケーションをはぐくんでほしい」という思いからから始まった事業「親と子の集い」を起源とし、親とこどもがふれあえることを目指し、毎年5月にふれあい写生大会を開催しています。

湖衣姫コンテスト

武田信玄公の側室であり、武田勝頼の生母である湖衣姫(諏訪御料人)になぞらえ、18歳以上の女性を対象とした信玄公祭り前夜祭として開催されるコンテストです。

 グランプリ1名、準グランプリ2名は翌日の「甲州軍団出陣」にて「湖衣姫隊」として出陣し、その年の1 年間、山梨県の観光大使として活動していただくことが通例となっています。2002年に甲府青年会議所が発案し、現在も主催しています。

山の都ふれあいコンサート

1981年の「国際障害者年」をきっかけに、障害者と健常者の枠を越えた多くの仲間たちが、コンサートやミュージカルを通じて、より深く大きな“ふれあい”の輪を広げ、互いに交流することを目的としてコンサートとミュージカルを開催しています。1981年の第1回から甲府青年会議所が関わってきました。

ヴァンフォーレ甲府・山梨クィーンビーズ フェイスペイント

ヴァンフォーレ甲府と山梨クィーンビーズのホームゲームにて無料でフェイスペイントをおこなっています。

郷育フォーラム

大人は子どもを思いやり、子どもに地域の伝統や文化、そして本来あるべき親の姿を継承して行ける故郷(ふるさと)になることを目指し、子どもばかりか我々大人一人ひとりが自ら学び、地域を育むため、甲府市、中央市、甲斐市、昭和町とともに「きょういくの日」制定事業としておこなわれています。甲府青年会議所が2007年に作り上げた事業です。

ベーコンフェスティバル

1959年に襲った2つの大きな台風の影響で山梨県の養豚は甚大な被害を受けましたが、アイオワ州から35頭の種豚が復興支援として贈られ、山梨の養豚産業は救われたのです。

この豚を通じた交流がきっかけで、山梨県とアイオワ州の姉妹関係が始まりました。そしてその後、アイオワ豚をベースに品種改良を重ねて誕生した山梨のブランド豚肉「フジザクラポーク」は、県州の交流が生んだ大切な宝物です。

 

 そして2017年、姉妹都市の関係から人の流れをつくる事業として、Blue Ribbon BaconFestivalを視察し、アジアにて初めてベーコンフェスティバルを開催し、今日にいたります。

甲府にぎわい祭り 躑躅ヶ崎 信玄花火

2018年、翌年に甲府市の開府500年を迎えるにあたって、甲府市の魅力を集めたお祭りで甲府市に大きなにぎわいを創り出したいとの思いで、開催いたしました。

こうふ開府500年記念事業 武田信玄公モザイクアート

2018年8月、甲府市の開府500年の記念と人が人を呼び集めることで甲府市中心街の活性化のシンボルとなることを目指し、甲府市役所の東側の壁面ガラスに、地域住民の皆さんが参加した2,000枚の写真をもとに『武田信玄公のモザイクアート』を製作しました。

web会議による理事会を実施しました。
web会議による理事会を実施しました。

    3月3日、新型コロナウィルス感染拡大の状況を踏まえ、(社)甲府青年会議所では「Google Hangouts Meet 」を活用したweb会議にて理事会を開催いたしました。 2020年度理事役員全員が各々の自宅や職場からネット回線を通じて会議に参加し、約3時間半の会議を予定通り終えることができました。 web会議を実施できたことは、集会の自粛が求められる中での今後の会議のあり方を青年会議所として示すことができたのではないかと思います。  ...

理事長所感(2月)
理事長所感(2月)

 早春の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。日頃より、私ども一般社団法人甲府青年会議所の活動に対し、多大なるご理解とご協力を賜り、心より御礼申し上げます。...

京都会議に参加しました。
京都会議に参加しました。

  1月17日(金)から1月19日(日)、京都府の国立京都国際会館にて、公益社団法人日本青年会議所2020年度京都会議が開催されました。 毎年、1月に開催される京都会議では、その年の日本青年会議所の会頭による所信表明や、公益社団法人日本青年会議所の各委員会・会議体が主催するフォーラムやセミナーが開催されます。...