広報担当者に聞く!山梨企業の広報活動 第四週目 (株)印傳屋上原勇七様

山梨県内の企業の広報活動について紹介する特別企画。

第四週目は、「(株)印傳屋上原勇七」様の広報活動についてお話を伺います。

株式会社 印傳屋上原勇七

専務取締役 上原伊三男 様

10年ほど前から広報のコンセプト作りを主に担当されてるということですが、主にどのようなコンセプトで広報活動をされてますか。

 

上原

会社の基本的な考え方として「私たちは印伝を通じて、自然に感謝し、お客様の幸せを願います。」と言うブランドアイデンティティがあります。商品への思いとか発信の仕方とかは全てこのアイデンティティに基づいて行っています。

 

Sense of Wonder | 印傳屋 INDEN-YA

http://www.inden-ya.co.jp/senseofwonder/

特設ページを作るほど、自然とひとを大事にする精神を発信している

県外でも印傳屋の印伝はよく見かけます。そういった全国展開はどういったアプローチで広報をされてますか。

 

上原

全国展開する時は新聞の全国紙を活用しています。 新聞はやはり信頼性が高いメディアなので 、ブランドイメージを出すには新聞が一番ですね。一方で、若い人向けの発信やコストパフォーマンスなどの面では、SNSに重点を置いています。

全国紙展開は年に何回ほどされていますか?

 

上原

年に2、3回ですね。

 

全国紙展開はコストもかなりかけられているかとは思いますが、逆に費用のかからないプレスリリースなどは何か活用されてますか。

 

上原

もちろん重要視しています。お金を出して出す広告はどちらかというと消費者には興味を感じてもらえないんです。マスコミが「記事にしたい」と思って取り上げてもらう方が企業に対する興味を持ってもらえるので、欠かすことはできません。

 

どういった事例でプレスリリースを出されてますか。

 

上原

2015年に印傳屋は、グッチ社とコラボレーションを行いました。とても話題性のある内容だったので是非記事にしてもらいたいと思いプレスリリースで周知し、沢山のメディアに来てもらえました。「話題性をいかに作るか?」という戦略を立てて、マスコミが取材したいと思ってもらえることがすごく大事なことです。ただし、ウケ狙いの内容ではなく、「印傳屋は信頼性のある企業である」と消費者に思ってもらえるような内容でなければならない、そこは注意しています。

当時のプレスリリース

https://www.inden-ya.co.jp/news/20150303/

 

上原さんが考える信頼性とはどのようなものですか。

 

上原

企業も社会貢献が求められている時代の中で、ボランティア活動なども大事ではありますが、「本業を通して社会貢献をしているか」という視点がすごく大事です。印伝を通じてお客様に幸せになってもらいたい、それが弊社が思う社会貢献であり、お客様との約束でもあります。この約束を守ることが信頼に繋がるものであると考えます。

 

YouTubeの動画も見させていただきましたが、確かに商品の宣伝ではなく、印傳屋という会社が地域にどのように根付いているのかが印象に残るような内容だと感じました

 

上原

そうですね。「広告を出して売れればいい」という考えはしていません。「売ろう売ろう」とすることはお客さんが一歩引いてしまいます。それよりも地域のこと、文化的なこと、そういったバックグラウンドの中できちんとお客様の心に響くものを表現することで、印傳屋のファンになってもらうように心掛けています。

 

歴史のある企業なので元々の知名度も充分にあるとは思いますが、それでもなお広報を重要視されていることがとても伝わってきました。

 

上原
ただ伝統だとか思いだけでお客様が興味を持ってくれるか、というと、そんなことはありません。やはり時代にあった話題性や商品を出していかないと当然飽きられてしまいます。

 

時代にあった話題性とは、具体的にはどのようなことですか。

 

上原
2012年から海外戦略として、海外向けの商品やパンフレットを作成してニューヨークを始めとする展示会を行ってきました。単なる日本の伝統企業ではなく、世界へチャレンジする姿勢をきちんと発信し続けてきました。海外でのビジネスでは、商品作りや発信の仕方が日本のやり方とは違ってくるので、日本の消費者にも新鮮に映るようになります。それによって、日本の若いお客様が増えましたね。年配向けのイメージから、若い人向けのイメージやグローバルなイメージが生まれたことによって、企業としての幅も広がりました。ブランディングという点で、意義あることだったなと感じています。

 

2012年以前は海外展開はされていなかったのでしょうか。

 

上原
行っていなかったです。ですから、大きな転換になりましたね。先ほどのグッチ社の件も、海外戦略が功を奏して先方から依頼が来てコラボレーションに至りました。

2019年度の海外展開用のパンフレット

今年に入って新型コロナウイルス感染拡大によって大きな影響を受けたかとは思いますが、これから先は広報活動にどのような変化があると考えていますか。

上原
これからは、本質を見極めようとする時代が来ると考えています。例えば、これまでは何がなんでも会社に出社することが重要だったのが、リモートワークの導入によって在宅でも仕事ができるようになり、「これまで重要だと思っていたことはなんだったんだ」と気付き、「本当に重要なものはなんなのか」「こうすればもっと良くなるんじゃないか」という本質をみんなが考え始めるようになり、今までやってきたことを見直すきっかけになったのではないかと思います。それはものを買うことも一緒です。安くものが手に入るようになったけれども質が悪かったりすぐ壊れたりすることがあります。それよりも多少高くてもよりよいものを愛着を持って大切に使ったり、環境のことを意識する企業の商品を選んだりするような時代になると思っています。消費者意識の変化ですね。これから企業はその変化を的確に捉え、広報していかなければならないと思います。

 

経済的打撃を受けたからこそ、安く済ませる方向に進むのではなく本当に価値のある物を大事にしなけれないけないということですね

 

上原
これからの時代は、信用のある企業でないと生き残れないのではないかと思います。そのためには企業の価値をどう高めていくか、そのブランディングをしっかりと行い、消費者に発信していくことが重要だと思います。

 

本日は、ありがとうございました。

2020年7月16日に中小企業や個人事業主を対象として広報セミナーを(社)甲府青年会議所公式ホームページにて生配信いたします。メディアに露出する方法やプレスリリースに関するコツなど、専門の講師を招いて講義を行いますのでそちらも是非ご覧ください。

ミュージカル講座(青少年育成事業)を開催しました。
ミュージカル講座(青少年育成事業)を開催しました。

10月24日、25日に青少年育成委員会「ミュージカル講座」が開催されました。   本事業は、ミュージカルが多様な個性を生かして構成されていくものであることに着目し、ミュージカルを学ぶことによって、参加いただくお子様方に、お互いの違いを活かしながら協力することの大切さを学んでいただくことを目的に企画しました。...

理事長所感(10月)
理事長所感(10月)

 10月、日ごと秋も深まる時節がやってました。今年も残すところ3か月です。   先月、当青年会議所では入会式が行われ、22名の新入会員を迎えることができました。この世情の中で入会を決意していただいた新たな仲間たち、また送り出していただいたご家族、職場の方々に感謝し、また、彼らとともに成長し、最大限の力を発揮することで地域へとよりよい影響を与えていくよう尽力する所存です。...

新入会員オリエンテーションが開催されました。
新入会員オリエンテーションが開催されました。

10月8日、甲府商工会議所にて新入会員オリエンテーションが開催されました。 第65代理事長 窪寺晃先輩と第66代理事長 中沢雄一先輩を講師にお迎えして『(社)甲府青年会議所の定款・諸規則・魅力について』という演題でご講演していただきました。 活動歴も長く、多くの役職を努めた先輩方の貴重なお話に、新入会員だけでなく現役会員にとっても今後の活動の糧となる公演となりました。 また、2020年度の各委員会の委員長が新入会員に向けて今年の事業の説明を行いました。...

9月例会(入会式)を開催しました。
9月例会(入会式)を開催しました。

 9月17日、甲府商工会議所 多目的ホールにて9月例会(入会式)を開催しました。  本年度は、新型コロナウイルスが流行し、青年会議所活動だけでなく、普段の仕事や私生活にも大きな影響が出ています。このような状況にもかかわらず、地域のために活動を続ける青年会議所の理念に共感し、22名の新入会員が入会しました。  2月例会以来、実に七ヶ月振りの対面での例会となり、仲間たちと集えた喜びと、由緒ある式典を開催する緊張感を久々に感じる例会となりました。...