ボッチャ de 異業種交流会

―ボッチャde異業種交流会 延期のおしらせ―

2020年3月14日に開催を予定しておりました「ボッチャde異業種交流会」ですが、
新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、開催を延期することを決定いたしました。
 
新しい日程、会場等の詳細は決定次第、発表いたします。
ご予定いただいていた皆様には大変申し訳ございませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

東京パラリンピックを目前にして、

話題のボッチャをプレーしながら、多くの青年経済人と交流できることを目的に開催します。

ボッチャを通じて交流を深め、新しい仲間探しの場とするとともに、

ビジネスマッチングの場

として活用していただけたらと思います。

最後の一球まで勝負の行方がわからない展開と熱いビジネストークが繰り広げられることを期待しています!

チラシ(クリックすると拡大します)

ボッチャとは?

Slider

ボッチャは、ヨーロッパで生まれた重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目です。

 ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競います。

 障害によりボールを投げることができなくても、勾配具(ランプ)を使い、自分の意思を介助者に伝えることができれば参加できます。

 競技は男女の区別のないクラスに別れて行われ、個人戦と団体戦(2対2のペア戦と3対3のチーム戦)があります。

 

詳しくは・・・・

山梨県ボッチャ協会 ホームページへ!

開催日時

後日お知らせします

2020年3月14日(土)

時間 14:00分〜

参加費無料(定員30名まで)

・屋内用の上履きをご持参ください

・当日は動きやすい服装でお越しください

・名刺をご持参ください

 ※終了後に甲府市内で懇親会を開催する予定です。ご都合の付く方は、こちらも合わせてご参加ください。

 

 

 

開催場所

旧相生小学校体育館

山梨県甲府市相生2丁目17番2号

 

旧相生小学校

申し込みフォーム

11月例会(事業案協議)を開催しました
11月例会(事業案協議)を開催しました

11月12日(木)に山梨県防災新館オープンスクエア にて11月例会(事業案協議)を開催しました。2021年度理事役員予定者の紹介をがおこなわれた後に、三澤眞人理事長予定者が会員の前で2021年度の活動方針を説明しました。 続いて、副理事長予定者・専務理事予定者がそれぞれのグループに所属する会議体・委員会の事業内容を上程しました。...

理事長所感(11月)
理事長所感(11月)

 日ごと寒さを増す中、皆様ご健勝にてお過ごしでしょうか。早いもので、今年も残すところ2か月となりました。  日々に追われる中、一年はあっという間に過ぎるもので、本年計画されている当会議所の活動も残りを指折り数えられる程になり、対外的事業としては、先月行われた青少年向け事業が最後となっております。子どもたちにミュージカルを通して様々な視点を経験していただく、という内容でしたが、まずはお子様の背中を押し、参加させていただいたご父兄、また感染拡大防止に努める中でご協力・ご助力いただいた関係各位に対して感謝申し上げます。...

10月例会(活動意欲向上)を開催しました。
10月例会(活動意欲向上)を開催しました。

10月29日、甲府商工会議所にて10月例会(活動意欲向上)を開催しました。  第1部では、「コラボレーションのすすめ」をテーマに、山梨学院大学の今井久教授のファシリテーションのもと、株式会社メニコン バイオ部藤原明士様、猫株式会社代表取締役小林一樹様、ビジネス交流委員会委員長をパネリストとして、企業同士の連携した実例を題材にパネルディスカッションを行いました。  ...

ミュージカル講座(青少年育成事業)を開催しました。
ミュージカル講座(青少年育成事業)を開催しました。

10月24日、25日に青少年育成委員会「ミュージカル講座」が開催されました。   本事業は、ミュージカルが多様な個性を生かして構成されていくものであることに着目し、ミュージカルを学ぶことによって、参加いただくお子様方に、お互いの違いを活かしながら協力することの大切さを学んでいただくことを目的に企画しました。...

理事長所感(10月)
理事長所感(10月)

 10月、日ごと秋も深まる時節がやってました。今年も残すところ3か月です。   先月、当青年会議所では入会式が行われ、22名の新入会員を迎えることができました。この世情の中で入会を決意していただいた新たな仲間たち、また送り出していただいたご家族、職場の方々に感謝し、また、彼らとともに成長し、最大限の力を発揮することで地域へとよりよい影響を与えていくよう尽力する所存です。...