8月所感

 先月各地にて発生した豪雨災害にて被災された方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。また、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
 いまだ不安定な天気の中ではありますが、8月を迎え、関東甲信越の梅雨明けが宣言されました。暦の上ではまもなく立秋を迎えます。
 年明け以来の話題の多くを占める新型コロナウイルスですが、先日は過去最多の感染者数となりました。依然私たちの生活を大きく左右する状況であるとともに、社会不安もさらに募りつつあると感じています。感染拡大初期も様々な風説が流布されましたが、最近は国際情勢不安も相まって、また新たなデマと思しき情報も増えてきています。「可能性」や「という説もある」とだけ報道され、検証されないままの情報も増えてきました。当団体では3月に山梨県立中央病院の三河医師を迎えてのWebセミナーを開催しましたが、今回あらためて「Withコロナの社会において新型コロナウイルスに向き合っていく」ために、再度お話をお聞きすることといたしました。当団体会員のみならず地域の皆様に対してもお役に立てるよう、短期間ながら質問を公募させていただく予定です。是非疑問や不安をお寄せいただければと思います。
 また、先月半ばより「折り鶴でつなぐアート」を開始させていただきました。様々な方に折り鶴にご協力いただき、集めた折り鶴でミレーの「種をまく人」を表現しよう、というプロジェクトになります。このコロナ禍の中においても、少しでも明るい話題やつながりの機会を創出できないかと考え実施しております。
 甲府市・甲斐市・中央市・昭和町の庁舎、株式会社オギノ様店舗に、作成用の用紙及び回収箱を設置しております。また公園やオギノ様店舗をお借りしての「折り鶴キャラバン」なども行っておりますので、見かけた折には未来に向けた思いを込めて、折り鶴1羽のご協力をいただければ幸いです。「明日」に向けて種をまき、いつか実りのときが来ることを祈念しております。
 日常生活も、経済活動も、誰かのための善意の活動も、もしかしたら社会にとって大きなマイナスとなりうるという、非常に難しい状況が続いています。しかし、ロックダウンされた海外の各都市と比べれば、まだまだ私たちにはやれることがあり、活動の自由が許されています。夢ある未来を描ける社会であるよう、引き続き感染拡大を避けながら活動していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

9月例会(入会式)を開催しました。
9月例会(入会式)を開催しました。

 9月17日、甲府商工会議所 多目的ホールにて9月例会(入会式)を開催しました。  本年度は、新型コロナウイルスが流行し、青年会議所活動だけでなく、普段の仕事や私生活にも大きな影響が出ています。このような状況にもかかわらず、地域のために活動を続ける青年会議所の理念に共感し、22名の新入会員が入会しました。  2月例会以来、実に七ヶ月振りの対面での例会となり、仲間たちと集えた喜びと、由緒ある式典を開催する緊張感を久々に感じる例会となりました。...

献血PRのお知らせ(8月2日)
献血PRのお知らせ(8月2日)

一般社団法人甲府青年会議所は、甲府献血ルームグレープで行われている献血を呼び掛ける街頭PRを行います。   日時 8月2日( 日曜日) 午前10時から午後4時まで 場所 山梨県庁前スクランブル交差点と岡島周辺にて      一般社団法人甲府青年会議所は、1966年に鰍沢町に住む重い心臓病を患っていた少女の心 臓手術のための不足していた血液を集めるために始めた献血の呼びかけを現在も行っています。      8月は献血者が少なく、血液が不足する時期であるため、多くの方の献血のご協力が必要です。...

7月例会(広報戦略共有)「ゼロから学ぶ!時代に取り残されないための広報戦略」を開催しました。
7月例会(広報戦略共有)「ゼロから学ぶ!時代に取り残されないための広報戦略」を開催しました。

7月16日、7月例会(広報戦略共有)「ゼロから学ぶ!時代に取り残されないための広報戦略」を開催しました。 メディアコンサルタントの坂本宗之祐氏を講師にお招きし、経済を回復させるきっかけの一つとして中小企業や個人事業主の情報発信力を高めることを目的としたwebセミナーを開催しました。...