献血PRのお知らせ(8月2日)

一般社団法人甲府青年会議所は、甲府献血ルームグレープで行われている献血を呼び掛ける街頭PRを行います。

 

日時 8月2日( 日曜日) 午前10時から午後4時まで

場所 山梨県庁前スクランブル交差点と岡島周辺にて

 

 

 一般社団法人甲府青年会議所は、1966年に鰍沢町に住む重い心臓病を患っていた少女の心

臓手術のための不足していた血液を集めるために始めた献血の呼びかけを現在も行っています。

  

 

8月は献血者が少なく、血液が不足する時期であるため、多くの方の献血のご協力が必要です。

献血は輸血を必要とする患者様の命を繋ぐため、新型インフルエンザ等対策特別措置法において事業の継続を求められており、不要不急の外出には当たりません。医療機関では新型コロナウイルス感染拡大の影響により延期されていた手術の再開などにより献血の必要性は高まっています。

 そのため、新型コロナウイルス感染拡大が懸念される状況下ではありますが、消毒液による手指消毒、体温測定、マスク着用など感染対策を徹底した上で、献血の呼びかけを実施します。

また、8月1日から8月8日までの期間は、一般社団法人甲府青年会議所の会員を中心に、献血への協力を行ってまいります。

 

甲府献血ルーム「グレープ」

〒400-0031 山梨県甲府市丸の内1-16-20 kokoriビル2階
055-235-3135

【成分献血】
午前10時から午後4時 ※検診業務を一時中断する場合がございます。

【400・200mL】
午前10時から午後5時 ※検診業務を一時中断する場合がございます。
https://www.bs.jrc.or.jp/ktks/yamanashi/place/m1_01_01_index.html

折り鶴を7,000羽集めて、甲府市役所にモザイクアートを作ります

山梨県民に所縁のあるミレーの代表作である「種をまく人」

この作品を折り鶴で表現することで、コロナウイルス感染拡大防止活動による活動自粛等、様々な試練を乗り越え未来に向けた希望の種をまくという意味と、一人一人の願いを込めた折り鶴をつなぐことで世代間を超えたつながり、地域のつながりを折り鶴アートに表現にて表現したいと考えています。

皆様のご協力をいただき、一つの作品が完成いたします。

是非たくさんの折り鶴をお待ちしております。

ミュージカル講座(青少年育成事業)を開催しました。
ミュージカル講座(青少年育成事業)を開催しました。

10月24日、25日に青少年育成委員会「ミュージカル講座」が開催されました。   本事業は、ミュージカルが多様な個性を生かして構成されていくものであることに着目し、ミュージカルを学ぶことによって、参加いただくお子様方に、お互いの違いを活かしながら協力することの大切さを学んでいただくことを目的に企画しました。...

理事長所感(10月)
理事長所感(10月)

 10月、日ごと秋も深まる時節がやってました。今年も残すところ3か月です。   先月、当青年会議所では入会式が行われ、22名の新入会員を迎えることができました。この世情の中で入会を決意していただいた新たな仲間たち、また送り出していただいたご家族、職場の方々に感謝し、また、彼らとともに成長し、最大限の力を発揮することで地域へとよりよい影響を与えていくよう尽力する所存です。...

新入会員オリエンテーションが開催されました。
新入会員オリエンテーションが開催されました。

10月8日、甲府商工会議所にて新入会員オリエンテーションが開催されました。 第65代理事長 窪寺晃先輩と第66代理事長 中沢雄一先輩を講師にお迎えして『(社)甲府青年会議所の定款・諸規則・魅力について』という演題でご講演していただきました。 活動歴も長く、多くの役職を努めた先輩方の貴重なお話に、新入会員だけでなく現役会員にとっても今後の活動の糧となる公演となりました。 また、2020年度の各委員会の委員長が新入会員に向けて今年の事業の説明を行いました。...

9月例会(入会式)を開催しました。
9月例会(入会式)を開催しました。

 9月17日、甲府商工会議所 多目的ホールにて9月例会(入会式)を開催しました。  本年度は、新型コロナウイルスが流行し、青年会議所活動だけでなく、普段の仕事や私生活にも大きな影響が出ています。このような状況にもかかわらず、地域のために活動を続ける青年会議所の理念に共感し、22名の新入会員が入会しました。  2月例会以来、実に七ヶ月振りの対面での例会となり、仲間たちと集えた喜びと、由緒ある式典を開催する緊張感を久々に感じる例会となりました。...