理事長所感(6月)

 徐々に日差しも強くなり、夏が近づいていることを感じております。
 日本初の緊急事態宣言が解除される中で、ここ山梨県においては感染拡大防止への協力要請が継続することとなりましたが、その一方で人の出も増え始め、「新たな日常」と言われるものが構築され始めているように思います。そのような状況下で、我々を含む各種団体おいても、これまで現状を総括し、これからの活動を模索する動きが始まっております。
 ひと月以上にわたる強力な社会活動の自粛、そして問題が解決したわけではない現状は、私たちの心にとって呪縛のようなものを残しているのではないでしょうか。感染拡大防止、感染リスクへの対策は、引き続き社会の一員としての義務ではありますが、諦めるため、始めないための言い訳としても多く使われるようになってしまっているように思います。火が消えかけた物事を再構築や再スタートするには、踏み出す意思と力が必要です。本年のスローガンは「心を燃やせ」と定めております。引き続き制限のある活動とはなりますが、共感も成果もまず自身の情熱から始まるものであると信じ、この地域のために全力を尽くさせていただきます。
 また、先月の所感で触れさせていただいた写生コンクール、「第44回山の都親子ふれあい写生大会 親子ふれあい写生コンクール」につきまして、皆様ご応募いただきありがとうございました。例年においては各小学校、幼稚園等にチラシ配布のご協力をいただいておりましたが、本年は新型コロナウイルスの影響によりチラシ配布が難しく、その中で各種報道や本年絵の展示場所としてご協力いただく株式会社オギノ様のご協力を賜り、155枚の応募をいただくことができました。ご協力にあらためて感謝申し上げます。そして、先日受賞作品の選定をいただくにあたり、提出いただいた子どもたちの描いた大切な場所や大切な人々の絵を見ることで、多大な元気をいただくことができました。全作品、月末の6月29日より7月の5日まで、オギノリバーシティショッピングセンター1階にて展示予定です。是非とも感染防止に留意しつつ、ご覧いただければと思います。また、6月27日にラザウォーク甲斐双葉店のラザコートをお借りして表彰式を行い、その日より1か月間、山梨交通株式会社様にご協力いただき、受賞作品を掲載したラッピングバスが走る予定となっております。地域の皆様にご覧いただき、元気の種となれば幸いです。
 世界的にはコロナウイルスの影響は日本以上に収まっておらず、暴動や国際的な不和等、さらに私たちの生活におけるリスクもまだ決して小さくはありません。しかしながら、まずはこの山の都のために私たちができることを、少しでもこの地域がよい方向に進めるよう、できることを為してまいりたいと思います。
 引き続き、よろしくお願いいたします。

7月所感
7月所感

 2020年も半分が過ぎました。1月スタートである青年会議所の年度としても同じく半分が過ぎ、折り返しの時期となります。本日に至るまで、多くの方々のご指導ご協力を頂戴することで私たちの活動を進めてくることができました。あらためて感謝御礼申し上げます。...

写生大会の応募作品全158作品を展示しました。
写生大会の応募作品全158作品を展示しました。

「第44回山の都親子ふれあい写生大会」にご応募いただいた全158作品が、本日6月29日から7月5日7月12日(日)までオギノリバーシティショッピングセンター1階にて展示されます。 どなたでも自由に観覧いただけますので、是非ご来場ください。   (7/6追記)絵の展示期間が7月12日(日)まで延長となりました。...

(株)印傳屋上原勇七の広報活動についての取材記事を掲載しました。
(株)印傳屋上原勇七の広報活動についての取材記事を掲載しました。

7月開催の広報セミナー開催特別企画として、山梨県内の企業が行っている広報活動について紹介していく「広報担当者に聞く!山梨企業の広報活動」。 第4週目は、「(株)印傳屋上原勇七」様の広報活動についてお話しを伺いました。[dsm_button button_one_text="記事はこちら" button_one_url="https://2020.kofujc.com/reikai07/kouhou04"...

2020年度第07回理事会が開催されました。
2020年度第07回理事会が開催されました。

2020年7月3日(金)、ホテル談露館にて2020年度第07回理事会が開催されました。 毎年、(社)甲府青年会議所では、7月3日の理事会にて次年度の理事長候補者を決定しております。 この伝統に則り、本日、2021年度の理事長候補者が決定しました。今年度、副理事長を務めている三澤眞人君です。 三澤君は、「心の炎を絶やすことなく、地域へ放つ大きな光として昇華させることで、この甲府青年会議所が地域にとってなくてはならない組織であり続けられるようにしたい。」と、立候補に向けての決意や抱負を力強く述べていました。...