昭和町長と細田理事長が対談しました

2019年10月21日、塩澤町長と細田理事長が昭和町役場にて対談しました。

理事長 

この度は貴重なお時間をいただき誠にありがとうございます。

 

町長

こちらこそよろしくお願いします。

 

理事長 

昭和町での台風の被害はございましたか。

 

町長 

昨年と比べるとそれほどではありませんでした。若い木や根が浅い木の倒木などは、ありましたが全体で見ると風や降水量もそれほど甚大な被害というわけではなかったですね。

 

理事長 

私も自分の会社の店舗が昭和町にあるのですが、多少なりとも被害がありました。

 

町長

昭和町という地区は水害に悩まされてきた地区でした。もともと沼地で水田などが多い地区でした。土地区画整理を行った地区でも公園の地下は貯水がされるようになっています。そこで一旦水を貯め、適切な時期に放流するようになっています。新しく土地区画を行う場合、そのような施設を作るよう指導されているのです。皆さんはご存じないと思いますが。

 

理事長

そうなんですね。私の会社の店舗でも被害は少なかったですが、水の被害は一つまちづくりにとって重要ですね。

 

町長

昭和町では土地区画を行った地区で組合を作り、地主さんと共に土地の整理をしました。町全体としてまちづくりを考えていったのです。例えば新しく区画整理をしたところは道路幅が通常4mで作ると思うのですが、その地区では4m70cm幅で道路を作っていただくようお願いしました。これは土地の所有者からすれば自分の土地を削るわけですから、利益がその分少なくなるわけです。それでも町全体のことを皆さんで考えてもらって住みやすい環境を作ることができました。区画整理地内では公園も沢山作りました。そこには先ほど話した貯水用の施設もあり、知らないところでお金を使ったりしているわけです。

 

理事長

人口的な部分では昭和町は増加傾向にあるのでしょうか。財政的な部分にも関わってきますが。

 

町長

昭和町単体としては確かに宅地化も進み、増加していると思います。幸いなことに大きな商業施設の周りにも商業施設が増えてきています。結果的に昭和町としてはよくなっているかもしれません。ただ、これは山梨県として全体が人口増加、税収増になっているとすればよいことと言えるかもしれませんが、現状はそうではありません。全体として見ていかなければいけないことかと思います。

 

理事長

そうですね、私ども()甲府青年会議所としても青年経済人の集まりとして、三市一町に住む住人としてもこれから何かできることがないか考えていかなければなりません。昭和町として何か期待されることはありますか。

 

町長

そうですね。急に何かをというのは難しいかもしれませんが、役所は決まっている事を実行していきます。どうしてもかしこまってしまうので奇想天外なアイディアがあればいいかもしれません。

 

理事長

私自身は史跡巡りなどが好きで、何か昭和町でも町のことを知るような機会を作ることが出来ればと考えているのですが。

 

町長

元々昭和にはあまり史跡というものが少ないのです。先ほども申し上げた通り、昭和町は水害が多く歴史的建造物などが少ないのです。甲府や笛吹方面と比べると神社や歴史的なものというのが少ないです。(棚から出して)以前に昭和町での、カルタをつくりました。昭和町にゆかりのあるものをこうしてカルテにして若い人達にも知ってもらえるようにしてあります。小学校等で使ってもらえればいいのですが。

 

大島専務

わたしも仕事としては昭和町は非常に関わりが多くて、小学校や中学校でいじめ防止に関しての講演を依頼されて伺っています。

 

町長

そうなんですね。以前押原小学校でやっていただいた際には私も伺いました。

 

理事長

そうですね。

 

町長

()甲府青年会議所には議員さんは何人いらっしゃるのですか。

 

理事長

現在は一名となります。

 

町長

若い方もいらっしゃるから青年会議所の方へ呼びかけすればどうでしょうか。

 

理事長

私としても入会者として期待する部分もありお声がけはさせていただいたのですが難しいですね。

近年では、()甲府青年会議所では会員の減少が深刻な問題です。入会者まず青年会議所という団体がどういう存在なのかを知ってもらうことがとても大切だと考えています。

私自身、入会するまで青年会議所が何をやっているのかほとんど知らない存在でした。

 

町長

そうですね。知ってもらうというのはとても大切です。

昭和町という名前を知ってもらえるようになってきて、例えば甲府昭和インターチェンジも元々は甲府インターチェンジという名前にしようと考えられていたようですが、そこの土地の所有者は昭和町在住です。結果的に昭和という名前を入れてもらったのですが現在では多くの人があそこのことを昭和インターチェンジと言っていると思います。甲府昭和高等学校もほとんどの人は昭和高校と言っていると思います。名前というのはとても大事なものです。

 

理事長

昭和町ともきずなを強く結んで青年会議所としてより貢献できるよう取り組んでいきたいと思います。

 

町長

ぜひ、がんばってください。

 

 

塩澤町長、ありがとうございました。

理事長所感(2月)
理事長所感(2月)

 早春の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。日頃より、私ども一般社団法人甲府青年会議所の活動に対し、多大なるご理解とご協力を賜り、心より御礼申し上げます。...

京都会議に参加しました。
京都会議に参加しました。

  1月17日(金)から1月19日(日)、京都府の国立京都国際会館にて、公益社団法人日本青年会議所2020年度京都会議が開催されました。 毎年、1月に開催される京都会議では、その年の日本青年会議所の会頭による所信表明や、公益社団法人日本青年会議所の各委員会・会議体が主催するフォーラムやセミナーが開催されます。...

事務局開きを行いました
事務局開きを行いました

1月5日、2020年度の事務局開きが行われました。 一般社団法人甲府青年会議所 2020年度スローガン「心を燃やせ ~仲間のために、地域のために、そこに住む誰かのために~」のもと、1年間に渡る活動の成功を記念して、正ノ木稲荷大明神稲積神社に参拝させていただきました。 いよいよ2020年度の活動が本格的にスタートします。本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。...

理事長所感(新年のご挨拶)
理事長所感(新年のご挨拶)

 新年あけましておめでとうございます。  2020年の始まりにあたり、謹んで新春のお慶びを申し上げます。また、2019年における一般社団法人甲府青年会議所の運動展開に対し、多くの方々よりご協力いただきましたことを感謝申し上げます。皆様のおかげを持ちまして、志を立て、目的に邁進し、未来へとつながる絆を作り上げることができたと考えております。...

甲府市長と細田理事長が対談しました
甲府市長と細田理事長が対談しました

2019年10月24日、樋口甲府市長と細田理事長が甲府市役所にて対談しました。 理事長 本日はよろしくお願いいたします。 実は甲府囃子保存会では何度かお近くに居させていただいたりしています。   市長 そうなんですね。あの格好だとなかなかですが、年代が若いからありがたがられているんじゃないですか。   理事長 そうですね。   市長 発足されてから何年たちますかね。   理事長 もう40年近くになりますね。   市長 お父様とは県議になるころからお付き合いさせていただいております。   理事長...