専門家に聞いてみよう!新型コロナウイルスについての正しい知識(第2回)

8/8 配信開始しました

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の感染拡大を防止するために何よりも大事な
ことは、一つでも多くの正しい知識を身につけることです。
新型コロナウィルスに対する正しい知識を身につけ、正しい行動につなげるために「専門家に
聞いてみよう!新型コロナウィルスの正しい知識」と題したWEBセミナーを3月11日に開催
し、好評をいただきました。第2回目である今回は、第二波到来や山梨県内でもクラスター発生と、
再び不安感が高まってきたという背景事情を受けて、最新の情報の発信と、事前にみなさまから
の新型コロナウイルスに関する質問を受け付け専門医が回答していくセミナーとなります。

3月11日に開催した第1回目(https://2020.kofujc.com/archives/2937)では、感染拡大まもない、情報が今よりも不足していた時期に専門医の見解と予防に関する知識についてのセミナーを配信しました。

第2回目である今回は、感染拡大から半年ほど過ぎた今の最新の情報と、事前にみなさまからの新型コロナウイルスに関する質問を受け付け、それについて専門医が回答していくセミナーとなります。

講師

三河 貴裕 先生

山梨県立中央病院総合診療科・感染症科副部長

略歴

2005年 山梨大学医学部卒業
甲府共立病院、亀田総合病院を経て現職。

資格:総合内科専門医、感染症専門医など。

山梨県COVID19入院調整専門家会議委員

公開日時 2020年8月8日より配信中
URL JCI Kofu YouTubeチャンネルで配信

事前質問投稿フォーム

質問は締め切らせていただきました。

沢山のご質問をいただき、御礼申し上げます。

 

ぜひ下記事前質問フォームより質問を投稿ください。

(すべての質問に対して回答できるとは限りません)

折り鶴を7,000羽集めて、甲府市役所にモザイクアートを作ります

山梨県民に所縁のあるミレーの代表作である「種をまく人」

この作品を折り鶴で表現することで、コロナウイルス感染拡大防止活動による活動自粛等、様々な試練を乗り越え未来に向けた希望の種をまくという意味と、一人一人の願いを込めた折り鶴をつなぐことで世代間を超えたつながり、地域のつながりを折り鶴アートに表現にて表現したいと考えています。

皆様のご協力をいただき、一つの作品が完成いたします。

是非たくさんの折り鶴をお待ちしております。

9月例会(入会式)を開催しました。
9月例会(入会式)を開催しました。

 9月17日、甲府商工会議所 多目的ホールにて9月例会(入会式)を開催しました。  本年度は、新型コロナウイルスが流行し、青年会議所活動だけでなく、普段の仕事や私生活にも大きな影響が出ています。このような状況にもかかわらず、地域のために活動を続ける青年会議所の理念に共感し、22名の新入会員が入会しました。  2月例会以来、実に七ヶ月振りの対面での例会となり、仲間たちと集えた喜びと、由緒ある式典を開催する緊張感を久々に感じる例会となりました。...

献血PRのお知らせ(8月2日)
献血PRのお知らせ(8月2日)

一般社団法人甲府青年会議所は、甲府献血ルームグレープで行われている献血を呼び掛ける街頭PRを行います。   日時 8月2日( 日曜日) 午前10時から午後4時まで 場所 山梨県庁前スクランブル交差点と岡島周辺にて      一般社団法人甲府青年会議所は、1966年に鰍沢町に住む重い心臓病を患っていた少女の心 臓手術のための不足していた血液を集めるために始めた献血の呼びかけを現在も行っています。      8月は献血者が少なく、血液が不足する時期であるため、多くの方の献血のご協力が必要です。...